男の子のロマンが詰まった夢のロボットシンカリオン

ロボット

我が家には3歳になる息子がいるのですが、言葉が少し出はじめた1歳半前後から乗り物が大好きでした。

救急車にはじまり、パトカー、消防車、飛行機、ゴミ収集車、ショベルカーなどなど。

もちろん、電車も大好きでお散歩のコースに電車を見に行くというのも2日に1日は連れて行かされていました。
なかでも、人生において4度ほどしか乗ったことのない新幹線が大好きで2歳ぐらいから親戚からいただきましたプラレールが自然と集まり、
毎日新幹線や電車を眺めて遊んでいました。

ところが、ふとした時に流れたTVのCMで「新幹線変形ロボ シンカリオン!!」というたった数十秒の映像で我が息子はシンカリオンに夢中になっておりました。
シンカリオンとはJR東日本が絶賛売り出し中の新幹線が変身してロボットになるという、まさに男の子の大好きな要素満載なキャラクターのようで、、、

以来、乗り物大集合の雑誌を買ってあげてもシンカリオンのページばかり。
家にあるブロックで「カシャーン、カシャーン、、、、新幹線変形ロボ、シンカリオンができたよー」とロボットのようなものをつくって遊んでばかりなので、3歳のお誕生日プレゼントにシンカリオンのフィギアを買ってあげることにしました。

プラレールですでにはやぶさとこまちは持っていたので、かがやきを購入することに。

プラレールを発売しているタカラトミーから出しているということで、クチコミによるとフィギアなどはバンダイの方が強いので少しチープに感じるということでしたが、我が家は初フィギアとなりましたので、こんなものだろう、という感じでした。

対象年齢は3歳以上とのことですが、結構複雑そうな変形なんだけど、大丈夫かしら?と思ったら10分もしないうちに使いこなしていました。
説明書もないのに、すごいね、、、息子よ。
母は説明書を見てもよくわからなかったので、息子の変形を見ながら覚えました。

3歳から購入して半年たち、購入当時の熱はないようですが、たまに思い出したかのように今でも遊んでいます。

ロボットにもなるし、新幹線でも3車両ついてくるし、我が家では大活躍中です。