築23年リフォーム物件購入してからのこと。

こんにちわ。我が家は築23年リフォーム済物件購入して、6年立ちます。

た見に行きすぐ、購入てつするきまたま旦那さんの、実家の近くにリフォーム済物件の広告を見ました。見に行きすぐ購入手続きをしました。

でも、他をみずに決めたので、後悔の部分もありますし、たくさんみてきめたほうがいいとおもいます。新築でも中古でも高いお買い物ですので、色々吟味した方が良いなと思いました。

うちはものがすくないので、5LDKも必要なかったかな。と思います。

中古の場合、お庭などもよくみたほうがいいですよ。手汗が気になる季節

蜂の巣があったり、シロアリの駆除なども、。頭に入れた方が良いと思います。うちは、。シロアリ駆除済みでした。

あとは、昔の作りですと、湿気対策がなされてないですので、結露も凄いです。うちは、窓はそのままでしたので、結露凄いです。

窓はサッシはいまは、二重窓、樹脂製サッシですので、ほぼ結露しません。

中古を買うときは色々確認が必要です。

いまは、リフォーム物件、リノベーションも流行ってます。立地で、選ぶのでしたら、安い中古物件を購入して、リノベーションするのもいいかとおもいます。

リノベーションは、古い建物のよさを活かしながら、給排水・電気・ガスの配管なども全面的に刷新し、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法としてよく使われます。

最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな改修を行うことを総称して「リノベーション」と呼ぶことも多くなっています。

ちなみに、reformという言葉は和製英語であり、英語圏で「住まいの改修」には、renovationあるいはremodelが使われますそれに対し「リノベーション」は、古い建物のよさを活かしながら、給排水・電気・ガスの配管なども全面的に刷新し、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す方法です。

最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな改修を行うことを、いまでは「リノベーション」と呼ぶことも多くなっています。

では実際にリノベーションやリフォームされたマンションの資産価値をみるとどういった傾向にあるでしょうか?

やはりリノベーションされている物件相場以上の家賃設定および販売価格の設定ができるようです。

また空室率のリスク軽減、売れ残りのリスク軽減にもつながるため、回収費用を勘案しても、リノベーション済みの物件のほうが不動産市場で優位に鳴ることが多いようです。